ブログ

7月1日入社のアソシエイト紹介

加納敬一(かのうけいいち)プロフィール
慶應義塾大学経済学部卒業後、2018年4月に日系大手証券会社に入社。投資銀行部門において、主に化学、電力、素材、
医療機器関連の顧客に対するアドバイザリー及び資金調達業務に従事。2019年7月オプトベンチャーズ参画。

こんにちは。オプトベンチャーズ広報担当の守屋です。
7月1日に入社したアソシエイトのご紹介とインタビューをしたいと思います。
是非ご一読いただければ幸いです。

Q. ご自身のことを簡単に教えてください

皆さま、はじめまして。
7月1日よりオプトベンチャーズ(以下、OV)に参画いたしました加納敬一と申します。

愛媛県で生まれ、幼少時代は父の仕事の都合もあり愛媛と東京を行き来するような生活を送っておりました。その後、都内の私立中高一貫校に進学しバスケットボール部に所属、高校二年時には竹中平蔵元経済産業大臣の主催するプログラムに参加し、バックグラウンドの異なる学生たちに囲まれながら世界で活躍する起業家やプロフェッショナル人材と接する機会に恵まれ非常に刺激的な経験をさせていただきました。
大学は慶應義塾大学経済学部に進学。大学時代には国際交流の団体に所属し、主にアジア各国の大学生を対象とした国際会議プログラムの運営を行っておりました。その他には、スタートアップにおいて新規事業の立ち上げ業務を経験し、東南アジアの現地企業へのコンサルティングプロジェクトに参加するなど精力的に活動を行ってまいりました。

卒業後は日本経済に大きなインパクトを与えられる仕事がしたいと思い大手日系証券会社に就職し、投資銀行部門においてM&Aアドバイザリー及び資金調達業務に従事。主に、化学、電力、素材、物流、医療機器等の幅広い業種のお客様に対して提案活動を行ってまいりました。その後、素敵な機会に恵まれOVへ参画することとなり現在に至ります。

趣味は漫画を読むこととジムでの筋トレ、最近は専らキングダムにはまっていますね。笑 特に麃公(ひょうこう)将軍が大好きです。
今後ご挨拶させていただく機会があれば皆さんのマイブームも是非ともお聞かせください!

Q. VC業界、並びにオプトベンチャーズに参画した理由を教えてください。

元々、仕事をする上では何かしら世の中のためになることがしたいと考えており、そのため新卒ではM&Aや資金調達を通して日本経済に大きなインパクトを与えられる投資銀行が面白そうだなと感じ新卒では投資銀行を選びました。
日本を代表するような大企業を相手に提案活動に従事できる投資銀行の環境は非常にチャレンジングではあるものの、一方で良くも悪くも古き良き大企業からは世の中を大きく変えるようなイノベーションは起こりにくいと日々の業務を通して感じておりました。

そんな中でOVの魅力的なキャピタリストたちと出会い、共に日本を大きく変えるようなスタートアップを支援していきたいと感じるようになりました。OVには事業経験豊富なメンバーが揃っており、起業家の皆様のことを本気で思い支援するカルチャーがあることも非常に魅力的に感じました。
上場企業ではもちろんのことですが、未上場企業においても上場後を見据えたファイナンス戦略が重要であり、コーポレートファイナンスのプロとして投資銀行で培った経験を活用できることも今回ジョインさせていただく決め手となりました。

OVでは、IT×産業(X-Tech)を基軸として、インターネットを通して日本社会の抱える様々な課題を解決するスタートアップを支援し日本を元気にすることを方針として掲げております。投資銀行時代には化学や電力などの大産業を見ていたこともあり、今後このようなオールドエコノミーの業界においても日本を変えるようなスタートアップが続々と出現してくることに大きく期待をしており、その一途を自分自身が担うことができるこの仕事に大変意義を感じています。

Q. 最後に一言、意気込みなどあればお願いします。

まだ若手の身ではありますが、皆さまには若手ならではの斬新な発想やアイデアをご提供できればと思っております。
これからどうぞ宜しくお願い致します!

以上、アソシエイト加納のご紹介でした!
どのような人物かは、お会いした時のお楽しみにしてください。
新たなメンバ-が加わりましたオプトベンチャーズを、今後ともよろしくお願いいたします。

一覧に戻る

最新記事

記事がまだありません。